わからない、信じないからの開花

2019/11/16 ブログ
太陽と雲

令和になり

色々な天皇家の御神事・儀式が執り行われているが、私が故驚いたことが
 
大嘗祭の天皇の私的生活費から出されている❗と言うこと。
宗教色が強い儀式と言うことが国家予算からではなく『内廷費』を使う流れになった。
 
明治以降、拡大されていた大嘗祭などの儀式費用。国内外にその威厳を知らしめる。一斉一代の大盤振る舞いだったようです。
 
 
今、私の思うところ
そんな儀式や御神事など一般的に受け入れられる様になっていると言うこと❗
 
縄文・古来より見えない世界と繋がり吉凶を占い、作物の豊作や繁栄を願う神事。
 
そんなことあり得ないが普通にある。
それが今なのではないのだろうか?
 
即位礼正殿の儀で虹を目にし。
雨が止み。
 
科学や方程式や何らか色々な方法でも解明できない事。
 
説明がつかないことは信じない❗が、無くなって行く。
 
初詣、神社参拝や先祖供養しているのに何故信じない?と言われてる気がします✨
 
 
色々な奇跡を、これからドンドン体験して行くのが令和の時代なのですね。
 
精神世界の住人、地球の住人、宇宙の住人
全てに。
 
世界平和の活動をするかた、地球貢献、地域貢献する方々が増えてきましたね。
 
無償で各地を巡り活動している人々、私のようなライトワーカーさんも増えて来ていて本当に嬉しいです。
 
今まででは信じられない、あり得ない世界でしたからね,,,,。
 
水神火神解放、封印解除、神を降ろしたと言ったらまだまだ受け入れられない人も多いのかもしれない,,,,。
 
聞いて、見て、感じて、体感して、体験してみたらきっと変わってゆくのだろう,,,,。
 
周りの全てのために動く,,,,
全てと共にある感覚。
 
きっとそれは会社貢献、個人貢献から抜け出し、大きな地球ごと手を取り合う方向へシフトしてこれからますます加速してゆくのだろう。
 
まるごと皆で目覚めて行くのかも知れない。「遅れて目覚める、早く目覚める」それもあると思う。
 
でも、自分の出来ることを。これからも感性を感覚を霊性を目覚めさせ、研ぎ澄ませ人間をしていこう。
 
わからない、信じない
その時代は、もう終わる
 
わからないなら聞いたらいい。
信じないなら体験してみたらいい。
 
カッコつけてても、怖くても
聞いたり見たり体験したり
色々できるのが人
 
放っておくのは勿体ない❗
眠らせておくの?って
ますます感じます。
 
 
特別な事なんて何もないんですよ
スピリチュアリティー精神世界
開花の時は、種は、あなたが持っているのだから。
 
 
全ての人に問われてるのだと
凄く感じている,,,,。
 
 
 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 

応援ポチッとしていただけたら
喜びであります💕💓💕💓
どうぞ宜しくお願いいたします🎵
 
エネルギー循環させたいと思い✨
ポチッしていただくと体心の癒し波動が流れる様にしました✨受け取ってください。
↘️をポチッと宜しくですm(._.)m
 
皆様の愛のエネルギー循環により
 
Ray羅さんは今世のライトワークを
 
思う存分こなして行きたいと思っています。
 
宜しくお願いいたします🎵
 
 
 
滝行

Skypeセッション人気です🎵

遠方の方も交通費かからずオススメ✨

是非ご利用下さいませ🎵

いつでもお問い合わせ下さいませ✨

 

 

 

【ホームページ】
  https://healing-9625ykt.com/

↗️覗いてみてね🎵

 

ご予約お問い合わせは↙️ホームページからお問い合わせ予約いただけます。

メール⇒

 info@healing-9625ykt.com

LINE@⇒

https://line.me/R/ti/p/%40bsu5618c

 

 

 

◆ホームページ
 https://healing-9625ykt.com/  

◆ブログ

https://ameblo.jp/goldendragon-arm/

◆Facebook

https://www.facebook.com/yumi9625/

 

Ray羅のFacebookの

スピなお部屋は↙️

@Rayla8888で検索を🎶

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid

 

Ray羅のFacebookグループ

自力覚醒の部屋は↙️

https://www.facebook.com/groups/

雲と宝珠を持った龍神

周りの全てに

 

愛と癒しと平和のエネルギーが

 

たくさんの光となり

 

降り注ぎ満たされ包まれ

 

広がり増すよう

 

 

祈✨

 

感謝

 

光神~光使いRay羅~より

愛と感謝をこめて

 

.